ドラマ

はじまりは1995.1.17 神戸/動画1月15日無料視聴2019年度フジテレビ

はじまりは1995.1.17 神戸/動画1月15日無料視聴2019年度フジテレビ

2019年1月15日21時からフジテレビ系列で『はじまりは1995.1.17 神戸』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

はじまりは1995.1.17 神戸/動画1月15日
 

はじまりは1995.1.17 神戸/動画1月15日番組内容

 

1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災。一瞬にしてがれきの山と化した神戸の街は、交通も分断され、陸の孤島となった。中でも被害の大きかったJR六甲道駅は、東西をつなぐ要所。一刻も早く鉄道を復旧させ、人や物資を運ばなければならない。過酷な状況の中、2年はかかると言われた復旧工事をわずか74日間で成し遂げた人々がいた。震災という非常事態の中だからこそ輝く、人間の強さと優しさ。難工事に立ち向かった男たちと、彼らを見つめた地元の人々の姿を、超豪華キャストで描く巨編。

 

はじまりは1995.1.17 神戸/動画1月15日 キャスト

 

井浦新  野村周平  葵わかな  葉山奨之  松尾諭  波岡一喜  浅香航大  佐藤隆太  桂文枝  片瀬那奈  濱田マリ  小市慢太郎  中村靖日  佐野岳  阿部純子  吉田羊  ユースケ・サンタマリア  椎名桔平

 

はじまりは1995.1.17 神戸/動画1月15日ストーリー性

阪神・淡路大震災で高架やホームを支える一階部分が崩落し、電車が動かなくなり復旧を担った建設会社の工事所長が奮闘し、仲間達と共に危険と隣合わせになる現場で工事をしたところに彼らの使命感と責任感、そして優しさを感じました。そしてこのドラマは、実話を元にした話なので見どころはたくさんありそうに思いました。

工事所長は通常なら2、3年かけてする工事を、震災で物資が届かず困る人々のために、危険を伴うと知りながら仲間達ともに、短期間で出来る工法を選択し、それを選びやると決めたときの彼の気持ちはどんなものだっただろうと思いました。

そして出会った少年に記録係を頼んだところは、当時それだけ人の手が足り無かったことを物語っていると感じました。

その少年はビデオカメラを首から下げていたこともあってのようですが、幼い少女の姿が記録されていたようで、彼はなぜその少女を撮っていたのかが気になるところです。

そのビデオカメラの記録は彼にとって、逃れられないほど大きな意味があることから、彼に相当関係性の深い少女で何か特別な事情があるのだと感じました。そして23年後、慰霊碑に落書きをした少年がいて彼の前に1人の大人が来たのですが、それは当時記録を頼まれた少年で、大人になった彼が当時のことを少年に語り、それは真実を知り見てきたもののみが話せることであり、語り伝えることの大切さを考えさせられました。

はじまりは1995.1.17 神戸 ドラマのまとめ

野村周平

つい先日、鈴木おさむさんのラジオをつけていると、野村周平さんがゲストで出演されていて、おふたりが会話されているのを聴きました。

初めは何となく聴いていたのですが、自分の意見をズバズバ言われている野村周平に夢中になり、手を止めて聴き入っていました。
とても驚きました。

まだ若いのに、しっかりとした自分の考えがあり、意見があり、自分のスタイルがあり、会話のなかから、周りに流されない強さを感じました。

日本を代表する放送作家であり脚本家、作詞家、映画監督でもある、年上の鈴木おさむさんにでさえ、臆することなく発言されていて、潔い男らしい格好良さを感じました。
そんな野村周平さんのことを、鈴木おさむさんも認めているようなやり取りで、聴いていて気持ちが良かったです。

多くのドラマや映画にも出演されていて、最近良く耳にすることがある野村周平さんですが、名前を何となく知っている程度で、それでもあまり気になる存在ではありませんでしたが、このラジオを聴いて以降、とても気になる俳優さんになりました。

魅力的な若い俳優さんが多く、個性的な俳優さんもたくさんいらっしゃいますが、私のなかで少し特別な魅力を持つ俳優さんになりました。

このままの野村周平さんで活躍していってもらいたいです。