ドラマ

家政婦は見た 追悼放送 動画1月19日無料ドラマ市原悦子2019

家政婦は見た 追悼放送 動画1月19日無料ドラマ市原悦子2019

2019年1月19日20時54分からテレビ朝日系列で『家政婦は見た!』あります

 

見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(動画できます)

 

↓ ↓

 

家政婦は見た 追悼放送 動画
 

家政婦は見た 追悼番組 動画 1月19日ドラマ!市原悦子さんキャスト番組内容

 

「美貌の女帝とデパートの帝王、昼と夜二つの顔の秘密!愛されて…憎まれて、裏切られて、なぜだ!?」 大沢家政婦会の家政婦・石崎秋子が派遣されたのは、大手デパートのワンマン社長・花山栄の愛人で貿易会社のオーナーでもある松川美津の豪邸。その豪邸で美津の誕生パーティーが開かれ、花山社長と美津がデパートの幹部社員や出入業者、美津の店の社員から祝福の言葉を受けていた。傍目にも花山の美津に対する寵愛ぶりが窺えた。エントランスホールには祝いの品が山と積まれ、デパートの総務部長・間宮一成と貿易会社の専務・加東長吉が、その品々を二つの山に区分している。不審に思った秋子が花山の秘書・八島晴香に尋ねると、“これから面白いことが始まる”と、晴香は皮肉な笑みを浮かべるばかり。その直後、間宮と加東が祝いの品を二つのワゴンに乗せて花山の前に運んできたのだが…

 

家政婦は見た 追悼放送 動画 1月19日 キャスト

 

市原悦子、賀来千香子、池内淳子、愛川欽也、益岡徹、一色采子、金田明夫、黒坂真美、白石まるみ、野村昭子 ほか

 

家政婦は見た 追悼放送 動画1月19日ストーリー性

 

日本の女優さんの中で、大好きな女優さんでした。

友達に、「好きな女優さんは?」と、聞かれて、30代の頃から、まず、一番初めに、市原悦子さんのお名前を挙げてきました。

市原悦子さんをこれほど好きになったのは、家政婦は見た!シリーズを観たのがきっかけでした。

他人のお宅に、お仕事だからこそ入っているのに、覗き見をしたり、盗み聞きをしたり、人様の温かな便座に腰を下ろして座ってみたり、、。厚かましさを超えて、もはや、職務違反ばかりを繰り返していきます。その姿が滑稽で、ときに切なく、私はいつでも観入ってしまうのです。

その“やりすぎ”のすべても、物語の視聴者を、物語のラスト、勧善懲悪の世界に誘うため。そして、市原悦子さん演じる家政婦さんは、大抵、物語のラストで次のご家庭に向かいます。そのときの彼女は、カラフルで、ひらひらとした、スカーフを纏っていることが多いのです。

そして、白髪の目立ち始めた頭髪を、明るい茶色に染めています。いえ、働き者の彼女は、いつでも染めてから、日が、経過しているのです。

そういったお決まりの出で立ちで、これからのお仕事場となる新しいお宅の豪奢な門扉に、なぜかよじのぼらんばかりにして、自分の素性を叫びながら、だいたい、毎回のストーリーは終わるのです。

まとめ

市原悦子さんが演じる家政婦さんは、訪問宅で、見方によってはレーシーな、色っぽいエプロンをしていることはありますが、洋服はパンツ姿であったりと、質素です。なのに、市原悦子さんという女優さんからは、溢れんばかりの気品がこぼれ出てしまいます。

それを、感じさせない演技ができるから、彼女は、名女優と、呼ばれるのでしょう。

家政婦紹介所で寝起きしながら、懸命に働く彼女の頭の中に、日々ある願い、彼女が気持ちよく発してくれる言葉の数々、それらはまさに、庶民の代弁です。

女性の胸のうちを、ひとり自室で愛猫に話して聴かせる彼女に、惹かれない視聴者などいるのでしょうか。市原悦子さま、ご冥福を、心より、お祈りいたします。

家政婦は見た 追悼放送 動画1月19日pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfunは、削除されております