ドラマ

家政婦は見た24 動画 1月19日ドラマ市原悦子テレビ朝日

家政婦は見た24 動画 1月19日ドラマ市原悦子テレビ朝日

2019年1月19日20時54分からテレビ朝日系列で『家政婦は見た!』あります

 

見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(動画できます)

 

↓ ↓

 

家政婦は見た24  動画 1月19日
 

家政婦は見た24  動画 1月19日ドラマ!市原悦子さんキャスト番組内容

 

「美貌の女帝とデパートの帝王、昼と夜二つの顔の秘密!愛されて…憎まれて、裏切られて、なぜだ!?」 大沢家政婦会の家政婦・石崎秋子が派遣されたのは、大手デパートのワンマン社長・花山栄の愛人で貿易会社のオーナーでもある松川美津の豪邸。その豪邸で美津の誕生パーティーが開かれ、花山社長と美津がデパートの幹部社員や出入業者、美津の店の社員から祝福の言葉を受けていた。傍目にも花山の美津に対する寵愛ぶりが窺えた。エントランスホールには祝いの品が山と積まれ、デパートの総務部長・間宮一成と貿易会社の専務・加東長吉が、その品々を二つの山に区分している。不審に思った秋子が花山の秘書・八島晴香に尋ねると、“これから面白いことが始まる”と、晴香は皮肉な笑みを浮かべるばかり。その直後、間宮と加東が祝いの品を二つのワゴンに乗せて花山の前に運んできたのだが…

 

家政婦は見た24  動画 1月19日 キャスト

 

市原悦子、賀来千香子、池内淳子、愛川欽也、益岡徹、一色采子、金田明夫、黒坂真美、白石まるみ、野村昭子 ほか

 

家政婦は見た24  動画 1月19日ストーリー性

 
「家政婦は見た!」は、市原悦子さんのはまり役だと思います。

後に代表作になったと思うのですが、もしもシリーズの続編が出来たとしても、主演は市原悦子さん以外に考えられない程、役のイメージが皆様の心の中に生き続けているようにおもいます。普段は、しがない家政婦なんですが。仕事先で毎回、不自然な事が起きて。

そこがまず、つっこみ所ではありますが、ドラマですので…。家政婦ならではの視点と、おばさんならではの視点から、事件を解決していく過程はとても面白く、時に、はらはらしますが、市原悦子さんならではの、どんとした「安定感」「どっしり感?」から、何故か安心して見られるので、とても好きでした。

旦那様役の蛭子能収さんは、売れない官能小説家であり、その文章を市原さんが読み上げるシーンは、色っぽくて嫌らしくないので、楽しかった事を覚えています。

確か、読み上げた後に「うん、いいわ。感じた。」等と言っていて、そこも面白く、よく笑わせてもらいました。後から知ったのですが、蛭子能収さんとのシーンは、ほとんどがアドリブだったそうです。

驚きました!お二人供、独特な雰囲気をお持ちですし、市原さんはプロの女優さんですから、ほぼアドリブでも素晴らしい掛け合いが出来たのだと思います。ついつい見てしまう不思議な力を持つ「家政婦は見た!」久しぶりに見返したくなりました。

まとめ

大好きな女優の市原悦子さんが主演している数々のドラマシリーズの中でもダントツに好きな「家政婦は見た!」。

「家政婦は見た!」の魅力は市原さん演じる石崎秋子さんが派遣された様々なセレブのお宅の内部事情を家政婦さんならではの目線で露わにしていくと言うドラマでした。

「人の不幸は蜜の味」とばかりによそ様の裏事情を覗き見る主人公の秋子さんは本当は陰険な人間性が見られても良いはずなのに市原さんの可愛らしさや屈託のなさが前面に出て全くネガティブさを感じず見る事が出来ました。

このドラマはその時その時で話題になった人物を想起させるような人物像がタイムリーでとっても面白かったです。

私の一番印象に残っているの作品はある巨匠の服飾デザイナーのお家騒動を題材にした第16作です。

当時実際に毎日のようにワイドショーで華やかな服飾デザイナーの跡継ぎ争いと美しい女優のお嫁さんの報道がされていて現実とリンクしたドラマにくぎ付けになった記憶が有ります。

市原悦子さんが好きすぎて当時女子高校生だった私は友達と3人連れ立ってで市原さんが出演するミュージカルの舞台を見に行きました。舞台で可愛らしい美声を披露される市原さんの姿は今でも鮮明に脳裏に浮かびます。

家政婦は見た24  動画 1月19日動画 1月19日pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfunは、削除されております