ドラマ

家政婦は見た24/見逃した配信ドラマ市原悦子1月19日2019年

家政婦は見た24  見逃した配信ドラマ市原悦子1月19日2019年

2019年1月19日20時54分からテレビ朝日系列で『家政婦は見た!』あります

 

見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(動画できます)

 

↓ ↓

 

家政婦は見た24  見逃した配信
 

家政婦は見た24  見逃した配信ドラマ!市原悦子さんキャスト番組内容

 

「美貌の女帝とデパートの帝王、昼と夜二つの顔の秘密!愛されて…憎まれて、裏切られて、なぜだ!?」 大沢家政婦会の家政婦・石崎秋子が派遣されたのは、大手デパートのワンマン社長・花山栄の愛人で貿易会社のオーナーでもある松川美津の豪邸。その豪邸で美津の誕生パーティーが開かれ、花山社長と美津がデパートの幹部社員や出入業者、美津の店の社員から祝福の言葉を受けていた。傍目にも花山の美津に対する寵愛ぶりが窺えた。エントランスホールには祝いの品が山と積まれ、デパートの総務部長・間宮一成と貿易会社の専務・加東長吉が、その品々を二つの山に区分している。不審に思った秋子が花山の秘書・八島晴香に尋ねると、“これから面白いことが始まる”と、晴香は皮肉な笑みを浮かべるばかり。その直後、間宮と加東が祝いの品を二つのワゴンに乗せて花山の前に運んできたのだが…

 

家政婦は見た24  見逃した配信 キャスト

 

市原悦子、賀来千香子、池内淳子、愛川欽也、益岡徹、一色采子、金田明夫、黒坂真美、白石まるみ、野村昭子 ほか

 

家政婦は見た24  見逃した配信ストーリー性

 
「あら、いやだ。」や「旦那様、承知しました。」など独特の口調で、派遣先の家族の心にグイグイ入り込みながら、覗き見したり、探りを入れてみたりが面白おかしく描かれているドラマでした。もう家政婦には全てを見られるんだな、と世間に知らしめたようなドラマでしたね。

家政婦という職業が誤解されかねないくらいの覗き魔として描かれていたように思います。

実際にもあんな家政婦がいたら派遣会社にクレームの嵐ですよね。

放送されたのが昔だったから疑問に思いませんでしたが。

それでも、そんな下調べ(覗き見という)から、家族や関係者の相関図が出来上がり、人々の思惑や気持ちが視聴者にわかりやすく浮き彫りになっていくところが見どころであり、家政婦である石崎明子(市原悦子)の魅力のように思います。

ドラマの最後には、明子が家族や関係者が全員いる中で、それぞれの思惑をぶちまけて行くシーンは圧巻でした。

最終的には、次の派遣先に向かう明子をおさめてドラマはいつも終わっていましたが、単発のアルバイトを終えて、また新たな出発が始まった感じが視聴者にも伝わるような感じでした。しかし、これから家政婦(明子)を演じた市原悦子さんを見れないのは悲しいですね。

まとめ

わたしは会社員をしている24歳の男性です。

今は実家を出て一人暮らしをしていますが、実家に住んでいた時は祖母とともによく市原悦子さんが出ているドラマを見ていました。有名な家政婦は見た!です。よく祖母と一緒に見て、笑ったり、泣いたり、たくさん思い出を貰いました。

市原悦子さんは、演技がとても上手で、感情移入がとても出来ます。

家政婦は見た!でもあの独特の話し方は市原悦子さんだからこそ、出来た演技であると感じています。

今でも思い出すだけで、様々な感情が呼び起こされます。

それは、ドラマを見て感じた感情でもあり、今はない祖母とも思い出という感情でもあります。

あのドラマを見る時間は、わたしにとっては祖母と過ごすことができる、とても幸せな時間でした。

こんな大切な思い出、時間を過ごさせてくれた、市原悦子さんには、本当に感謝しています。

また、今は祖母も市原悦子さんと同じ天国にいるため、一緒にドラマを見ることは出来ませんが、今でも記憶の中で生き続けています。

生前の祖母は、市原悦子さんのファンでいつか会ってみたいとドラマを見ている時よく話していました。

きっと今は天国でお話して、楽しい日々を過ごしてくれていると思います。市原悦子さま、祖母とわたしに幸せな時間をありがとうございます。

どうか安らかにお眠りください。

家政婦は見た24 見逃し配信pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfunは、削除されております